肥満とダイエットの遺伝学―遺伝子が決める食欲と体重 (朝日選書)

人気ランキング : 506417位
定価 : ¥ 1,260
販売元 : 朝日新聞社
発売日 : 1999-08

価格:
納期:
オススメ度

メタボリック症候群を始めとする生活習慣病の最も顕著な特徴は肥満を伴うことである。本書は分子生物学的な側面(遺伝子)から環境面(食環境)まで、様々な方面から肥満について理論的に書いてある。実際、氏は肥満や糖尿病研究を行っており、その経験と知識を生かした上出来な仕上がりになっている。若干の専門知識があったほうが読みやすいかも知りませんが、難しい所は飛ばして読んでも十分面白いし、理解できる本だと思う。

ダイエットを考えるヒトにはダイエットの正しい考え方が得られ、生命科学分野に興味を持ってる方には一層の興味を沸きそうな、推薦したい本である。

このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。